知らない業者からの借金取立てと法律相談の重要性

  • 知らない業者からの借金取立てと法律相談の重要性

    • 行政や弁護士会などが実施している法律相談で多く寄せられる内容のひとつとして、突然に名前も知らないような金融業者から借金取立ての手紙が届いたというものがあります。


      このような場合としては複数の理由が考えられますが、まずは疑ってみるのが架空請求の可能性です。

      相続放棄の相談の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

      もし過去に一度も借金をしたことがないという場合には、法律上の支払い義務などまったくないのに一方的に請求書を送りつけ、対象者の混乱に乗じて金銭をだまし取ろうとする詐欺行為に引っかかっているのかもしれません。
      こうした業者は他にも同じような手口で詐欺行為を重ねているおそれがありますので、消費生活センターのデータベースなどで検索すると、その実態が明らかになる場合があります。
      ほかにも、親族や友人の借金の保証人になっていたものの、借金をした本人が支払えなくなったため、保証人に請求が来たというケースが考えられます。



      また、過去に別の業者から借金をしたのに返済しないでいたところ、会社の合併などで名前が変わったり、債権譲渡によって別の会社に権利が移転したため、別会社名で改めて請求が来た場合も考えられます。

      岸和田の税理士についての情報をお探しの方は必見です。

      こうした架空請求以外の場合であれば、放置したところで借金返済の義務が消えるわけではなく、逆に延滞金を上乗せされたり、業者から訴訟を起こされるといったリスクのほうが高くなります。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6994139.html

      いずれにしても、まずは事実関係を確認することが大切ですが、法律上の知識がないと、誤った対応で不利益をこうむるおそれがありますので、速やかに弁護士による法律相談を受けることが必要となります。

      http://getnews.jp/archives/913428情報を厳選して紹介します。

      法律相談によって訴訟など何らかのアクションを起こすことが必要と判断された場合には、適当な弁護士を紹介してもらえることもあります。

      http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00008LRFJ

  • 関連リンク

    • 法律相談と聞くと、ちょっと構えてしまう人、あるいは自分には関係ないと思う人もいるかもしれません。しかし、意外なこと、身の回りのさまざまなことで、弁護士さんのお世話になるということは結構あるものなのです。...

    • 身近に借金ができる時代だからこそ、借金のトラブルが発生しやすくもなります。ですから、トラブルに遭った場合には、迷わず法律相談をすべきでしょう。...